海外子会社・支店の管理支援
Home海外進出支援 > 海外子会社・支店の管理支援
OnAsset Intelligenceの実施するサービス

海外進出に伴って必要になる税務業務を包括的にサポートいたします。

海外子会社、支店の内部統制構築サポート、内部監査サービス
海外拠点における内部管理体制の水準は、国内拠点のそれと比較して、低くなりがちです。
また海外子会社、支店では非効率な業務及び不正誤謬などに対するチェックがおろそかになりがちです。
そこで、OnAsset Intelligenceでは、貴社の海外拠点における業務効率の向上、不正や誤謬の発見、防止のために内部統制構築サポート、内部監査サービスを提供いたします。

【海外拠点の内部統制構築サポート】
OnAsset Intelligenceは貴社の海外拠点における内部統制の構築を支援いたします。
まず、海外拠点における業務の現状を分析し、業務の効率化と、不正誤謬を抑止する最適な業務フローを提案いたします。
さらに、親会社や本部に対する各種報告のルールを作成し、海外拠点の業績管理を適切に実施できる仕組みを整えます。

【海外拠点の内部監査の実施】
内部統制の構築後、ルール通りに運用されているかを定期的にチェックする目的で、内部監査を実施いたします。
それにより、海外の現地スタッフが実際に日々の業務をルール通りに実施しているかどうかをチェックし、業務レベルを向上させます。

【J-SOXにも対応】
日本の上場企業が海外に拠点を置く場合には、海外拠点における内部統制をJ-SOXに沿って構築する必要があります。
OnAsset Intelligenceは、海外拠点におけるJ-SOX対応もサポートいたします。 こんな悩みを抱える企業様へのサービスです
該当する項目がある場合、お気軽にお問い合わせください。
海外子会社、支店において有効な内部統制を構築したい
海外子会社、支店に対して内部監査を実施し、業務効率の向上、不正誤謬への抑止としたい
親会社が上場しているため、J-SOXを海外子会社、支店にも導入する必要がある
海外子会社、支店における管理は、本社からの目が届きにくいため疎かになりがちです。
また文化や慣習の違いからくる行き違いや、誤解は常に起こるものです。
そこで、本部の意向及び現地の実態に即したルールを内部統制として構築し、運用することで海外業務の効率を向上させることができます。
OnAsset Intelligenceでは、貴社の海外事業の成功をサポートするメニューをご用意しております。
海外子会社・支店の管理支援の関与例
上場準備会社
N社
実施概要 米国子会社のJ-SOXの対応支援を実施。なお、通訳を利用。
実施内容 全社統制の整備支援 (約35時間)
業務プロセス3点セットの作成 (約55時間)
IT統制の整備支援 (約5時間)
決算財務報告プロセスの整備支援 (約20時間)
報酬 内部統制構築支援:250万円
上場会社
H社
実施概要 海外子会社を含む子会社の内部監査
実施内容 J-SOXに関する内部監査、その他通常内部監査を合わせて実施
報酬 四半期ごとに50万円(4人日)
※関与例は、弊社の主要構成メンバーが弊社設立前に関与した案件を含みます。
 具体的な契約条件につきましては個別事情を勘案し、柔軟に対応いたします。